困っている人に法律的な手助けを。


弁護士法人 法律事務所フォレスト

中尾 基哉さん 31歳

Nakao Motoya


出身学校 加須市立加須平成中学校
早稲田大学本庄高等学院
早稲田大学
早稲田大学大学院 修了

興味のあることはとりあえずやってみる。この心がけが仕事の幅を広げている。

どんなお仕事? ー 個人・会社へ法律的なアドバイス

ドラマや映画の影響が大きく、検察官vs弁護士で裁判所で争うイメージがあるかもしれませんが、実際にはほとんどが民事事件で、裁判になることはあまりありません。私も刑事事件を担当することは少なく、主に会社を相手に法律関係のアドバイスをしています。会社を運営するためには、会社同士で交わす契約書や、従業員への給料、労働に関する法律など様々な法律と関わっていく必要があります。経営者は法律の専門家ではないので、私たち弁護士が、どのようにしたら法律的に問題ないかを助言しています。 高校も大学もやりたいことが決まっていて学校を決めたわけではなく、目標がないままなんとなく入ってしまいました。何か本格的に努力をしたほうがいいと思っていたところで、弁護士の方の仕事を間近で見る機会がありました。困っている人の気持ちを汲みながら、法律的な手助けができるこの仕事に感銘を受け、弁護士になる決心をしました。

大切なこと ー 興味・知識を広く持つ

仕事をする上で専門家ほどの知識は必要ありませんが、広く浅く知識を持つことは大切だと思います。時代とともに弁護士が取り扱う内容も多様化していますので、アンテナを張り、知識を日々アップデートできるよう心がけています。例えば、新しいスマホアプリの契約書を見てほしい、という案件があった場合、「最近はどのようなアプリがあるのか」「アプリ内で個人情報がどう扱われるか」など前提が少しでもわかっていれば、すぐにお客様の相談に乗ることができます。少しでも興味が湧いたことは調べてみたり、とりあえずやってみる。この心がけが仕事の幅を広げています。

やりがい ー 自分の裁量で仕事ができる

この仕事は指示を受けて指示通りに実行する、というよりも自分自身で判断して進めることが多く、そこがとても魅力的です。ほとんどの弁護士は、ベテランの弁護士のもとでスキルを積んだあと独立をしますが、事務所に所属している間でも大部分は自分の裁量で仕事をしています。 現在、弁護士は大都市に偏り、地方では人材不足の傾向があります。私は出身地でもある埼玉が好きで、この地で仕事をしています。埼玉だと案件が少ないかというとそんなことはありません! 仕事の取り合いとなってしまう東京よりもむしろ多くの案件に関わることができ、活躍・成長のチャンスがたくさんあります。弁護士になるための勉強はかなり大変ですが(笑)、とてもやりがいのあるお仕事です!

      

Q.子どものころの夢は?

A.イルカの調教師(昔から動物が好きだった)


Q.好きな食べ物は?

A.父が作る水餃子


Q. 好きなアーティストは?

A.Mr.Children


Q.最近ハマっていることは?

A.ドライブ


Q.中高生にメッセージ

A.色々なことに興味を持ち、自分の可能性を広げましょう!


 
住所 〒330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和4-5-8 吉田ビル4階D号
設立 2015年
従業員数 7名
URL https://forest-law.jp/

企業の未来を安心へ導く、それがフォレスト( For + R est ) 
フォレストは、労務の専門家として顧問企業様に安心を提供しています。就業規則、各種保険手続き、助成金、給与計算などについてはもちろん、企業法務に特化したパートナー弁護士とともに、強力に企業様をサポートしてまいります。

TOPに戻る