板金溶接担当

丁寧に、確実な作業をする。


株式会社 東京チタニウム

小島 良太さん 26歳

Kojima Ryota


出身学校 茨城県竜ケ崎市立長山中学校
岩倉高等学校
ものつくり大学卒

自分にしかできない技術を身につけたい。

どんなお仕事? ― チタンの板金加工・溶接

チタンという金属の板金加工や、溶接を行なっています。板金加工とは、金属製の板を切断したり穴あけや折り曲げるなどの加工を行ない製品に仕上げていくことです。溶接は、金属同士を熱や圧力などを利用して接合させることを言います。小さなねじから大きなものまで、幅広いチタン製品を加工しています。機械での作業であれば、数値を調整してスイッチを入れるだけでその通りに動いてくれますが、特に溶接は自分の手で一つひとつ調整をします。手作業でぴったり合うものをつくることは難しいです。作業する順番もきちんと考えて行わなければ、ズレてしまったり、製品のクオリティにも影響が出てしまいます。また、大量生産ではなく多くの種類を少量つくることがほとんどで、特に溶接はそれまでつくった部品を接合させていくため、最後の仕上げになる場合が多いです。それまでの工程を無駄にしてしまわないように、しっかり完成品をイメージし、丁寧に確実な作業を心がけています。

やりがい ― 重要な分野で活用される

私が製造にかかわった製品が設置されているところを直接見られたり、写真で確認できたりすると嬉しいですし、やりがいにもつながります。チタンは性質上、医療や海洋関係で活用されることが多くあります。私自身も過去、海底資源採掘のための機材に使用するチタン製高強度フレームの製造に関わりました。重要な分野で活躍しているものに携われているということは嬉しいです。また、新しい加工方法で問題なく製品を完成させられたときは達成感があります。基本的にはまだまだ失敗することばかりで、ほかの先輩方と比べてしまうと経験が足りず技術もまだまだ及びません。それでも前回の作業をきちんと反省して活かしていくと、次につくったときにはぴったりうまくいくこともあります。経験を積み、また新しい技術を会得できるよう挑戦していく、これを繰り返していき、少しずつ自信をつけたいと思います。どんな製品でも加工できるようになることを目指し、最終的には自分にしかできないレベルの技術を身につけられるところまで成長したいです。

大切なこと ― ものづくりへの 興味・関心

私は昔から工作が好きで、小さい時からいろいろなものを制作していました。学校の工作の授業も好きでしたし、家でもゲームセンターにあるようなメダルゲームの機械を簡易的につくったりもしていました。大学はものづくりができるところのほうが面白そうだと思い、学校を決めました。製造業に就くためにはものづくりへの興味・関心は必要だと思います。それがあれば、うまくいかないことがあったとしても、あきらめずに取り組んでいけると思います。 皆さんにはいろいろな物事に積極的に取り組んでいってほしいと思います。勉強だけでなくて自分の気になることにどんどん取り組んでいくことが大切だと思います。過去の自分は、勉強が好きではなく遊んでばかりだったので「もっと勉強しろ」と言いたいですが(笑)。 金属加工の中でもチタンを専門で取り扱っている会社はあまりありません。そういった意味で、特殊なことをやっているという面白さはあると思います。私自身、入社前はチタンについては名前を聞いたことがある程度で何も知りませんでした(笑)。でも、知っていくうちにいろいろな特徴があって面白いなと感じるようになっていきました。興味を持ちましたらぜひ調べてみてほしいと思います。きっと驚きがありますよ!

      

Q.子どものころの夢は?

A.電車の運転士。電車に乗るのが好きでした。


Q.好きな食べ物は?

A.寿司


Q.好きなアーティストは?

A.fhána


Q.最近ハマっていることは?

A.旅行。土日はアクティブに出かけていてほとんど家にいません。


 
住所 〒339-0072埼玉県さいたま市岩槻区古ケ場2-3-10
設立 1984年
従業員数 33名
URL http://www.tokyo-titanium.co.jp

チタンのことならどんなことでも
チタンの加工、溶接組立てなどそれぞれのセクションで誇れる技術力を持つ弊社は、それらの垣根を超え、発案・企画、設計・開発までをひとつにした、一貫体制のチタンエンジニアリングシステムでお客様のご要望にお応えいたします。

TOPに戻る