印刷オペレーター

子どもたちの笑顔を想って。


株式会社イシクラ

森 正幸さん 40歳

Mori Masayuki


出身学校 埼玉県岩槻市立慈恩寺中学校
埼玉県立大宮商業高等学校 卒

一生大切にしてもらえるものづくりに携われる。

どんなお仕事? ー 主に卒業アルバムの印刷

卒業アルバムを中心とした印刷業務を行なっています。一言で印刷といっても、版・インク・紙のセッティングから、刷り上がりの色の調整までさまざまな業務がありますが、印刷オペレーターの仕事はただ機械を操作して印刷するだけではありません。進捗管理はもちろん、故障などを引き起こさないために機械を使用したあとのメンテナンスや保守点検など、印刷機自体の仕組みを詳しく把握しないとできないことまで、幅広い仕事を担当しています。データから紙への「色」の再現については今は自動化が進んでいて、7割くらいは機械が判断して調整してくれます。しかし残りの3割は経験をもとに印刷オペレーターが調整しています。綺麗な「色」に仕上げるには機械による数値だけで判断するのではなく、数値を参考にしながら経験をもとに仕上りを調整していく必要があります。日々勉強しながら経験を積んでいます。

大切なこと ー 子どもたちへの想い

製造業はどうしても流れ作業だと思われがちですが、「卒業アルバム」はちょっと違う特別なものだと思っています。チラシなどの印刷物とは違って捨てずにずっと大切にしてくれるものなので、お客様のその先、子どもたちを想って作業しています。卒業アルバムの性質上、どうしても納品日が重なるので、その忙しさから流れ作業にならないように特に気をつけています。子どもたちが卒業アルバムを見て喜んでくれることを考えれば、いい加減な気持ちではつくれないですから。

やりがい ー イメージがカタチに!

会社の中で、受注からずっとデータで工程を流れてきたものが、自分たちの部署で紙という媒体に印刷されるんです。まっ白な紙に印刷をして、初めてカタチになる瞬間なので、やりがいを感じますね。特に卒業アルバムの印刷では「思い出」をつくっているんだという実感が湧きます。本にする直前の工程なので、失敗できないという緊張感もありますが、出したい色が出たときは、「よっしゃぁ!」となります(笑)。実は私、商業高校出身で初めは販売の仕事をしていたのですが何か違うなと思い、3ヶ月で辞めてしまった経験があります(苦笑)。そんな自分が覚えることが多くて大変なこの仕事を20年も続けてこられたのは、ものづくりが好きなことに気づけたからだと思います。中高生の皆さんにはぜひ好きなことや、やりたいと思うことを見つけて頑張ってほしいと思います!

      

Q.子どものころの夢は?

A.体操教室の先生 (幼稚園のとき習ってました)


Q.好きな食べ物は?

A.ぶどう


Q.好きなアーティストは?

A.GLAY、GReeeeN


Q.最近ハマっていることは?

A.2人の娘と近所を散歩


Q.中高生にメッセージ

A.新しい何かにチャレンジ する事に過去は関係ない。 これからどうしたいか。


 
住所 〒339-0072 埼玉県さいたま市岩槻区古ケ場1-6-11
設立 1953年
従業員数 135名
URL https://www.ishikura.co.jp/

若者へのメッセージ

学校生活では友達とたくさんの楽しい思い出を作ってください!
大人になった時、その思い出が前に進む勇気と力を与えてくれます。

企業PR・採用情報

もっと、心を動かすことを。
お客様からの厚い信頼があります
強いこだわりとやりがいを持って制作します
イシクラのアルバムは業界トップレベルです
企業PR

一人ひとりの思い出が詰まった卒業アルバム。一生大切にされる本であり、かけがえのないものです。その卒業アルバムの制作を80 年の長きにわたり、任せていただいている会社です。創業以来数千万冊、年間40 万冊を超える制作実績を誇り、高品質の商品と数多くの喜び、感動をお客様にお届けしています。

採用情報

【会社の雰囲気】
弊社は、すべて含めて自由な風土だと思います。役職の呼称ではなく、「さん」づけが多いからか、過度な上下関係はなく、気楽な雰囲気です。なので、風通しが良く誰でも意見が言いやすい環境だと思います。「卒業アルバム」が好きな人、「物づくり」が好きな人、真面目な人、シャイな人…怖い人はいません(笑)。ですので、学生さんの皆さんから採用面接時の時に、よく「人柄が良い人が多い」と言ってくれます。やりがいと楽しさをもって成長し、私たちと一緒にアルバム業界を大きく変えませんか?

【どんな人材を求めているか?】
人が成長する時とは、どんな時でしょうか? 「ピンチの時」や「失敗した時」ではありませんか? つまり、これらは「チャンスの時」と言いかえることができるのです。 しかし、世の中にはそう捉えることができない人が大勢います。 それは、「チャンス」をみすみす逃していることになります。 「ピンチの時にチャンスと思える人」「失敗を恐れずチャレンジできる人」 私たちは、こういう人と一緒に仕事がしたいです。

詳しくはコチラ▼▼▼ TEL:048-794-8988  URL:https://www.ishikura-saiyo.jp

TOPに戻る