デザイナー

誇りをもてる自分でありたい。


株式会社イシクラ

稲葉 あゆみさん 26歳

Inaba Ayumi


出身学校 東京都東村山市立東村山第六中学校
東京都立片倉高等学校
多摩美術大学 卒

届ける人のことを思い描き、最善を尽くす。

どんなお仕事? ー 印刷物のデザイン

卒業アルバムや学校案内・ポスターなどのデザイン制作が主な仕事です。直接お客様と紙面内容について打ち合わせすることもあります。子どもの頃から絵を描くことが大好きで、仕事は美術関係を夢見ていました。高校では油絵、美術大学では映像なども学び、表現の幅を広げました。「大切にされるもの」「かけがえのない時間を残せるもの」に関わるデザイナーになりたい!という想いから、卒業アルバムを制作している当社に入社しました。

大切なこと ー 見る人のことを考えたモノづくり

卒業アルバムも、ポスターなどの印刷物も、制作する際には「求められていることは何か?」「どういった表現が伝わるか?」など、お客様や実際に手に取る方のことをまずは考えます。もちろん自分なりのデザインも考えますが、独りよがりな「作品」をつくることが仕事ではありません。手にとっていただく方を思い描き、イメージを膨らませてから制作をするよう心がけています。デザイナーになるために特に必要な資格はありませんが、発想の引き出しを増やしておくといいと思います。自分が良いなと思ったものをファイリングするのがオススメです! また、それらの「どこが・どうして」良いと思ったのか分析してみることも勉強になりますよ! デザインの意図をかみ砕いて考えることで、自分が使える技法が増えていきます。アイディアが出てこず、頭を抱えることもありますが、自分がファイリングしたものを見返したり、書店に寄ったり、経験のある先輩に相談してみたり…。こうした積み重ねが、デザイナーとしての自分を支えてくれています。

やりがい ー 自分のデザインを喜んでもらえること

以前、幼稚園の記念誌をつくらせていただいた際、全体のデザインや内容構成など、かなり広範囲な部分を任せていただき、何度もお客様と打ち合わせをしながら制作しました。その幼稚園の元気いっぱいで明るい雰囲気をどう表現するか、かなり悩みながらつくったのですが、最終的にはお客様にデザインを気に入っていただき、私自身の対応にもお褒めの言葉をいただきました。「良いものをつくりたい!」と必死にデザインしているので、お客様に喜んでいただけた時は本当にうれしいです。今後も卒業アルバムのように、思い出をカタチにして、大切にされるものの制作に関わっていたいです。将来自分に子どもが生まれたら、その子の卒業アルバムをつくってあげたいと思っています!

      

Q.子どものころの夢は?

A.マンガ家・小説家


Q.好きな食べ物は?

A.やきとり・魚介


Q.好きなアーティストは?

A.ANATAKIKOU


Q.最近ハマっていることは?

A.映画鑑賞(インド映画が熱い!)


Q.好きな言葉・座右の銘は?

A.すべての出来事に意味がある


Q.中高生にメッセージ

A.やりたいことはなんでも勇気を出してやってみよう!


 
住所 〒339-0072 埼玉県さいたま市岩槻区古ケ場1-6-11
電話番号 048-794-8988
設立 1953年
従業員数 135名
URL https://www.ishikura.co.jp/

業務内容

卒業アルバム等の制作・印刷

若者へのメッセージ

学校生活では友達とたくさんの楽しい思い出を作ってください!
大人になった時、その思い出が前に進む勇気と力を与えてくれます。

企業PR・採用情報

もっと、心を動かすことを。
お客様からの厚い信頼があります
強いこだわりとやりがいを持って制作します
イシクラのアルバムは業界トップレベルです
企業PR

一人ひとりの思い出が詰まった卒業アルバム。一生大切にされる本であり、かけがえのないものです。その卒業アルバムの制作を80 年の長きにわたり、任せていただいている会社です。創業以来数千万冊、年間40 万冊を超える制作実績を誇り、高品質の商品と数多くの喜び、感動をお客様にお届けしています。

採用情報

【会社の雰囲気】
弊社は、すべて含めて自由な風土だと思います。役職の呼称ではなく、「さん」づけが多いからか、過度な上下関係はなく、気楽な雰囲気です。なので、風通しが良く誰でも意見が言いやすい環境だと思います。「卒業アルバム」が好きな人、「物づくり」が好きな人、真面目な人、シャイな人…怖い人はいません(笑)。ですので、学生さんの皆さんから採用面接時の時に、よく「人柄が良い人が多い」と言ってくれます。やりがいと楽しさをもって成長し、私たちと一緒にアルバム業界を大きく変えませんか?

【どんな人材を求めているか?】
人が成長する時とは、どんな時でしょうか? 「ピンチの時」や「失敗した時」ではありませんか? つまり、これらは「チャンスの時」と言いかえることができるのです。 しかし、世の中にはそう捉えることができない人が大勢います。 それは、「チャンス」をみすみす逃していることになります。 「ピンチの時にチャンスと思える人」「失敗を恐れずチャレンジできる人」 私たちは、こういう人と一緒に仕事がしたいです。

詳しくはコチラ▼▼▼ TEL:048-794-8988  URL:https://www.ishikura-saiyo.jp

TOPに戻る